人材紹介サービスの本質を理解して頂き、転職活動の中で、新たな発見をしませんか?人材紹介はインプレスにお任せください。非公開求人は社名を伏せてご紹介します

注目コンテンツ

あなたの思いに耳を傾けること。わたしたちはそこから仕事をはじめます。

40代、エグゼクティブの転職

非常に難しい40代、エグゼクティブの転職。入社後に見られる落とし穴(入社3ヶ月がポイント)

40代の転職はある意味、非常に大変な環境を覚悟すべきかと思います。
転職状況が難しいといった部分もありますが、むしろ転職された後の対応がポイントであると考えています。40代で、ある程度キャリアを積まれた方が陥りやすいこととして、前職と同じ感覚で仕事を進めてしまうことがあります。40代の方を迎えいれた側の企業の社員は「一体、どの様な人なのだろう?」「一体、何ができるのだろう?」等と興味津々です。ある意味、周囲から能力を測られている訳です。肩書きはあっても仕事を進めていく際に、転職先の環境をよく理解することから始めなくてはならないでしょう。
3ヶ月位は準備期間と考え部下にも色々教わる位のコミュニケーションが必要かと思います。どの様な事情があっても、「前の会社ではこうだった・・」・「この会社ではこんな事も出来ていない・・」と言った前職の感覚でしか物を考えられない方は転職を考えない方が良いでしょう。
40歳代の転職は入社した企業に「如何に早く馴染むか・・」・「周りの社員に如何に認めてもらう事が出来るか・・」がポイントです。
多くの求人企業は「課長を担当していました。」・「部長を担当していました。」と言う人材を求めているのではなく、業務・事業を推進頂けるアグレッシブな方を求めているはずです。周りの社員(部下含む)との強調からプレイングマネージャー的な存在からスタートする位の気持ちではいかがでしょうか?
また、話が前後しますが、40歳代の転職において自身の職務経歴書の書き方にもポイントがあります。当然マネージメントキャリアが中心になりますが。相手先の人事部に対して非常に不親切に感じる職務経歴書をよく目にします。具体的には、職責の部分が強調され過ぎて具体的な業務キャリアが見えにくくなっているケースです。
また、作成した職務経歴書が応募企業によってすべて同じものを利用するといったことも多いです。自身の目指す企業がどの様なキャリアを求めているのかをよく理解した上で、その都度職務経歴書は書き換えるべきと考えています。40代の転職の厳しさを考えた場合、これ位の作業は当たり前と考えるべきではないでしょうか。
いずれにしても、これからの40代の転職は非常に厳しいのが現実ですが求人企業がない訳ではありませんので、『頑張れ!40代』と申し上げたいと思います。

株式会社インプレス取締役 北村裕之

転職ノウハウ

一覧に戻る

人材紹介サービスの本質を理解していただき、転職活動の中で新たな発見をしませんか?「人材紹介サービスお申し込み」

無料人材紹介相談はこちらから

はじめての方も大歓迎 お気軽にご応募ください

人材紹介サービスのポイント

会社概要

株式会社インプレス

  • 会社概要
  • 会社地図
  • 沿革
  • 主なお取引先
  • お問い合わせ
  • 採用情報

インプレスBLOG「IMPRESS 転職ON/OFF」

法人採用担当者様へ

キャリアやスキルだけではなく、紹介したいのは「人柄」です。

インプレスの人材紹介

人材派遣

まずは派遣、将来は社員で活躍したい。そんなあなたをお待ちしています。

インプレスの人材派遣